【サッカー人気1位】【マリノスうぉっち】松原健はガンバ戦を…

デイリーホーリーホック

[プリンスリーグ参入戦への意気込み]手塚文登キャプテン(3年)「1つの得点、1つの失点、1つのプレーで後悔しないように。最後はみんなで勝って終わりたい」【育成NOW】※無料記事

【写真 佐藤拓也】

2位に勝ち点12の差をつけて独走状態で今季のIFAリーグを制した水戸ユース。
茨城県の代表として12月22日から行われる高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019関東参入戦に挑みます。
初戦の昌平高校(埼玉県代表)戦に向けて、手塚文登キャプテンに意気込みを聞きました。

Q.IFA1部リーグ優勝しました。
「シーズンがはじまる前に『クラブユース選手権で全国大会出場』『Jリーグユースカップベスト16以上』『県リーグ優勝して、参入戦で勝ってプリンスリーグ昇格』の3つの目標を立てました。Jユースでは目標を達成することができなかったので、リーグ戦優勝とプリンス参入という目標に向かって一丸となって戦いました。リーグ戦で優勝したので、あとはプリンスリーグ参入戦で勝って目標を達成したいと思っています」

Q.今季はどんなシーズンでしたか?
「シーズンオフに例年より守備の構築を徹底しました。いい守備からいい攻撃につなげる回数が今年は多かった。そこが強みだと思っています」

Q.県リーグでは2位と大きな差をつけての優勝でした。
「僕たちの目標はプリンスに昇格すること。県で勝つのは当たり前という認識がみんなの中にあったと思います」

Q.夏にはクラブユース選手権で全国大会出場を果たしました。準優勝した鳥栖や全国屈指の強豪の横浜FMと対戦しました。ともに敗戦を喫しましたが、拮抗した戦いに持ち込むことができました。
「個人的に小さな差を大きく感じました。小さなことを突き詰めているチームが強いチームですし、ほんの少しの差の積み重ねが勝負を分けることとなると感じました」

Q.いよいよプリンスリーグ参入戦に挑みます。
「トップチームが得点1の差でプレーオフ参入を逃した姿を僕らはスタンドから見ていました。だから、1つの得点や1つの失点、そして1つのプレーで後悔しないように戦って、最後はみんなで笑って終われるようにしたいと思います」

Q.初戦の相手は埼玉県王者の昌平高校です。印象は?
「すごくうまいチーム。年代別代表レベルの選手もいるので、やりがいがある。楽しみです」

Q.昌平高校は強豪だと思いますが、普段からトップチームと練習試合をしたり、クラブユース選手権では全国屈指の強豪と戦ってきました。どこが相手でも臆することはないですね。
「そういう経験は大きいです。特にトップチームが近くにいる環境はすごくありがたいです。先日トレーニングマッチも組んでもらいましたし、そういう経験を自分たちの自信につなげたいと思っています」

Q.今季トップチームは昇格争いを繰り広げました。その戦いぶりは刺激になりましたか?
「すごくいい刺激になりました。トップの試合を見た後、『自分たちがやってやろう』という気持ちになれました」

Q.2年前にも参入戦に出場しました。手塚選手は1年生でしたね。
「あの試合が自分のデビュー戦だったんですよ。参入戦は独特の雰囲気。2年前は個人としてもチームとしても何もできなかった。今年こそはという思いは強いです」

Q.サポーターのみなさんにメッセージをお願いします。
「サポーターのみなさんの声援は僕たちの後押しとなります。結果で恩返しできるように頑張ります!」

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019関東参入戦スケジュール
1回戦 12月22日vs昌平高校 13時半キックオフ 鹿嶋市卜伝の郷運動公園(A)

1回戦勝利した場合
2回戦 12月25日vs千葉U-18と栃木U-18の勝者 11時キックオフ 鹿嶋市卜伝の郷運動公園(B)

2回戦勝利すると、来季のプリンスリーグ関東参入が決まる。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック