【サッカー人気1位】【マリノスうぉっち】松原健はガンバ戦を…

デイリーホーリーホック

「沼田社長、細川キャプテン、本間選手らが大井川和彦知事を表敬訪問」【ニュース】※無料記事

【写真 米村優子】

12月17日、沼田邦郎社長、細川淳矢キャプテン、本間幸司選手、萩原武久顧問、小島耕取締役が大井川和彦知事を表敬訪問し、今季シーズンの報告などについて語り合いました。

【写真 米村優子】

過去最高順位を更新した昨年は笑顔で入室してきた大井川知事ですが、「何と言っていいのか分かりませんが…、惜しかったですね」と今年は複雑な表情。
そして、「途中まで我々も夢を見させていただきました」と沼田社長らに労いの言葉を寄せ、オフシーズン恒例の表敬訪問が始まりました。

【写真 米村優子】

まず沼田社長が激動の今季シーズンを振り返り、大井川知事に報告すると、「私は就任3年目なのですが、私自身も周囲もその頃のホーリーホックのイメージとは大分変わっています。今は強豪チームの一角となっていますよ」とコメント。
すると、選手らは嬉しそうに感謝を述べるとともに、「今年は(J1へ)行けると思っていたので、とても悔しかったです」と本間選手が率直な心境を吐露していました。
今季の活躍で全国メディアへの露出が増え、それと共に全国各地から様々な団体がアツマーレの視察に来ていることなどを沼田社長が披露。
先日発表された新スタジアム建設構想の話に花が咲くと、大井川知事は「すごいですね。更に(飛躍の)起爆剤となるのでは?」と興味深そうに耳を傾けている様子でした。

【写真 米村優子】

そして話題は熱戦を繰り広げた最終戦へ。
「ホーリーホックのファンは他のファンに比べて、非常に熱い人が多い印象があります。一体感がありますよね」と大井川知事。
その言葉に対して、細川キャプテンは「メインスタンドの方々も一緒になって応援してくれました。愛があります」と頷きながら話し、ホーリーホックの生き字引でもある本間選手は「雨だったのに8000人以上が来場してくれました。最後の残り10分ぐらいの応援はすごかったですね」と振り返りました。
最後に、大井川知事が「来年こそ、と皆さん期待していると思います。ご検討をお祈り申し上げます」とエールを送ると、沼田社長らはお礼を述べて、約10分間の表敬訪問は終了しました。

【写真 米村優子】

恒例のユニフォームとサインボールをプレゼントすると、ボールを持ちながらにこやかに写真撮影に応じた大井川知事。来シーズンもクラブのさらなる飛躍を応援してくれることでしょう。

【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック