【サッカー人気1位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

デイリーホーリーホック

「約400人の期待と熱気に包まれて行われたキックオフパーティー『葵会』。開幕に向け、感謝の思いを新たに」【HHレポート】※無料記事

【写真 佐藤拓也】

2月12日水戸市の水戸プラザホテルにて、「水戸ホーリーホック2020キックオフパーティー葵会」が開催されました。
スポンサー、関係者、サポーターら約400名が参加。昨シーズン、過去最高の結果を残したチームへのさらなる期待感で会場はかつてないほどの熱気に包まれていました。

毎年、選手と来場者の交流が行われていましたが、今年は新型コロナウイルス(COVID-19)等感染症拡大に伴うファンサービス中止を受け、この会においても選手・スタッフはステージ上のみの参加となってしまいました。ただ、チーム全体だけでなく、ポジション別で登壇して、全選手が抱負を語るなど、例年以上にステージ上での選手登場時間を長めに用意するなど、来場者を楽しませる工夫が感じられました。

その中で新キャプテンが発表されました。2シーズン連続キャプテンを務めてきた細川淳矢選手からバトンを受けたのは、なんと新加入の中山仁斗選手。サッカー人生初のキャプテン就任とのことですが、「背中でチームを引っ張っていきたい」と力強い言葉を口にしました。

タパトアタヒチのダンスからはじまり、沼田邦郎社長と秋葉忠宏監督の挨拶、新キャプテンの発表、宇宙まおさんのステージ、そして高橋靖水戸市長や海野透茨城県会議員・茨城県サッカー協会会長、大井川和彦県知が登壇して挨拶を行うなど、会は華やかに進行。最後は萩原武久顧問がクラブとしての指針やこれからのビジョンについて語り、会場から大きな拍手が巻き起こりました。そして、選手・スタッフが廊下に並び、来場者をお見送りして、会は終了。

開幕まで1週間半、この日、多くの方から支えられている自覚と大きな期待を選手たちは感じたことでしょう。その思いが新たなシーズンに向けての力となるはず。感謝の気持ちを込めて、選手たちは開幕に向けて最高の準備をしていきます!

沼田邦郎社長
「2020キックオフパーティーに、多くの方に来ていただき、ありがとうございます! 我が水戸ホーリーホックは今シーズン、新たに秋葉忠宏監督を迎え、そして新たなスタッフ・選手とスタートさせていただきます。(このシーズンオフは)みなさんに非常にご心配をかけたと思います。安心してください。我が水戸ホーリーホックの秋葉新監督、非常に……やりますよね?(会場笑) 2011年から2年間コーチを務めていただきました。その時の出会いを私は忘れていません。監督には言ったことないのですが、忘れられない一つのエピソードがあります。子供たちに指導している姿を私は忘れられません。ツインフィールドで子供たちと楽しそうにサッカーをしていました。トップだけでなく、そういった本当に何事にも一生懸命でアグレッシブ、明るく、前向き。これを水戸ホーリーホックに注入してほしいと思いまして、我々ずっとラブコールを送っていたのですが、今年ようやく来てもらえました。みなさんに期待してもらっていいと思います。さらに、西村GMのもと、新しいメンバーを加えた新しい水戸ホーリーホックを見てもらいたいと思います。

ここで一つお詫びがあります。現在、新型コロナウイルスの感染が拡大しております。今日は残念ながら選手と触れ合う機会を中止させていただくこととなりました。我々にとっても苦渋の決断でした。今日はステージの姿をご覧になっていただき、今後練習会場や試合会場で交流を図ってもらいたいと思います。

話は変わりますが、水戸ホーリーホックは昨年一つの夢を語らせていただきました。それはスタジアム建設という大きな構想でございます。今日、ご来場いただいている高橋靖水戸市長や茨城県サッカー協会会長の海野透先生を多くの県会議員の先生や水戸市議会の先生、国会議員の先生などたくさんの方のご支援のもと、構想はスタートしました。どうしても夢を語っていきたい。どうしてもスタジアムがほしい。それがJリーグが掲げる理想のスタジアムであり、我々が望むものであります。みなさんもご存じのように、資金力は40チーム中40番目です。しかし、昨年は7位という好成績を残しました。それもアツマーレという練習場があったからこそだと思っております。水戸ホーリーホックはお金がなくても頭を使い、お金がなくても汗をかきながら、今後も進めていきたいと思っております。そのためにもみなさんのお力も必要です。そして、新しいスタジアムをみなさんとともに作り上げていきたいと思っています。確実に前に進んでいます。スタジアム構想も今年新たな形で発表できるようにしたいと考えておりますし、間違いなく発表できると思っています。そして、水戸から世界へというビジョンのもと、地域の課題解決を進めながら、皆様方の幸せを水戸ホーリーホックが作ることをお約束して進んでいきたいと思います。政治家のようなスピーチになってしまいましたが(笑)、2020シーズンもJ1に向かって戦っていきます。今シーズンもよろしくお願いします!」

【写真 佐藤拓也】


秋葉忠宏監督
「みなさん、こんばんは! 沼田社長から身に余るほどの紹介をしていただいて光栄でございます。ただ、私の師匠でもあるアントニオ猪木師匠が「元気があれば何でもできる」と言っていました(会場笑)。それを僕が引き継いで、常に明るく、常に元気にやっていこうと思っています。

本当に普段から、茨城県をはじめとしたホームタウンの方々やスポンサーの方々、ホーリーホックを応援してくださるファン・サポーターの方々、ボランティアの方々、みなさんに支えていただいていることを心から感謝しております。僕自身、葵会に8年ぶりに参加しました。当時と比べて、多くの方に来ていただき、ありがたく思っています。今日、みなさんに向けて感謝の気持ちを少しでも伝えたいと思っていましたし、みなさんの思いを聞ける大変な貴重な機会だと思っていました。なので、今日交流できないことは非常に残念です。選手たちもみなさんからいろんなことを学べる大変貴重な機会です。それだけにすごく残念でなりません。では、その感謝をどうするかというと、我々はグラウンドで表現することが一番だと思っています。今日、みなさんと接することができない分、きっと選手たちはグラウンドで夢や希望や感動を与えるような素晴らしいプレーをしてくれると思います。その姿をぜひスタジアムに来て見ていただきたいですし、いろんな人を巻き込んでスタジアムに来てもらいたいと思います。選手たちは感謝の思いを持って戦います。ですので、今シーズンも大きなご支援をよろしくお願いします。最後に、我々はまだまだ小さなクラブです。地域のみなさまや今日集まっていただいたみなさまとともに成長し、発展しなければ、J3降格という厳しい現実が待っているかもしれません。でも、先ほど社長が構想を語ってくれたように、我々には夢があります。そして、その夢の続きをみなさんとともに歩み、そして、一緒に分かち合い、必ず夢をつかみたいと思っております。ぜひ、今年1年間変わらぬご支援と応援をよろしくお願いしたいと思います」

【写真 佐藤拓也】


中山仁斗キャプテン
「今日はたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございます。緊張しています(苦笑)。僕自身、サッカーをはじめて22年経つのですが、キャプテンという役職に就くのははじめてで、僕がキャプテンでいいのかという気持ちが強いのですが、3日ほど前に監督からキャプテンを打診していただき、2日ほど考えました。その中でいろんな人に相談したり、自分の中で考えたのですが、やっぱり僕自身サッカーが好きで、今までチャレンジしたことのないキャプテンというものをこのチームでやらせていただくということに誇りを感じて、キャプテンを引き受けようと決めました。キャプテンらしいことができるかは分かりませんが、いろんな先輩方の手助けや助言をもらいながら、うまくチームをまとめるというか、背中で引っ張っていけるような存在でありたいと思います。

昨年の水戸は、僕はいなかったのですが、1得点足りなくて、J1昇格というチャンスを逃してしまいました。昨年の悔しい気持ちを今年も持ちながら、みなさんの期待や思いにこたえられるようなプレーを、全選手が披露できたらなと思います。今年のチームは本当に明るくて、沖縄キャンプでもいい準備ができました。開幕まで11日ですが、本当にみんなのコンディションがよくて、監督も『どの選手を使うか悩んでいる』と言っています。チーム状況はいい状態だと思います。この状態を継続できるように、選手一丸となって努力したいと思います。今シーズン、応援をよろしくお願いします」

(佐藤拓也)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック