【サッカー人気1位】3枚で攻めて4枚で守る 最初から“サッ…

デイリーホーリーホック

第11節京都サンガF.C.戦 秋葉忠宏監督会見コメント「国際Aマッチを見ているような、ゴール前のエキサイティングなシーンが多い、素晴らしいゲームだった」【コメント】

「しびれるゲームを選手がしてくれました。国際Aマッチを見ているような、ボックス-ボックスの多い、両チームともたくさんのチャンスがある、ゴール前のエキサイティングなシーンが多い、素晴らしいゲームだったと思っています。前節岡山戦で重心が後ろになってしまう試合をした中、中3日、ほとんどトレーニングができない状況で、選手たちが前半の最初からフルスロットルで京都さん相手に勇敢に臆することなく、前から圧力をかけて、ボールを奪ったら早く攻めて、攻めれなかったときは相手を見ながら、穴を見つけながら、最後までゴールに迫ってくれました。ボックス内に人もボールもどんどん入っていけたことがすごくうれしかったです。だからこそ、この一進一退の攻防をモノにできるだけの最後の強さだったり、精度だったり、もしかしたらちょっとした冷静さ(が足りなかった)。選手たちと映像を見ながら話したいと思うのは、中にフリーな選手がいるのが分かった上でシュートを打っているのかということ。シュートを打つ姿勢は素晴らしいし、シュートを打たないとゴールは入らない。その中で冷静に中の選手を見ながら、シュートを選択したのか。それともシュートしか見えなかったのか。そこは選手と話をして、こういう試合でも3点目、4点目を奪って勝ち切れるようなチームになっていきたいと思いました」

Q.非常に面白い試合でした。守備が前節より向上したと思います。ハイプレスと前節の「構える守備」の使い分けがうまくいっていたのではないでしょうか?

(残り 1668文字/全文: 2304文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック