【サッカー人気2位】準備が功を奏した部分と修正されない穴 …

デイリーホーリーホック

J2第11節京都サンガF.C.戦「見る者を興奮させたエキサイティングな90分。守備が改善されながらも2失点した原因に隠されたチーム進化のヒント」【レビュー】

「ハイプレス」と「構える守備」の使い分け

2対2で迎えた後半アディショナルタイム。京都は右サイドに流れたピーター・ウタカがゴール前に折り返し、走りこんだ庄司悦大が合わせるもシュートを松井謙弥が食い止める。さらに、終了間際、中央の安東輝からのパスを受けた山口一真が抜け出しGKと1対1.鋭く足を振りぬき、地を這うようなシュートを放ったものの、GK若原智哉が左足を伸ばして止めてゴールを死守した。

(残り 2694文字/全文: 2889文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック