【サッカー人気2位】伊藤翔「開始の2失点がすべて。相手がめ…

デイリーホーリーホック

J2第15節愛媛FC戦 秋葉忠宏監督「この強度やハードワークを維持しながら、我々らしい攻撃を出せるようにしないといけない」【コメント】

「選手たちは甘さを排除して、相手に厳しく、最後の最後まで体を寄せたり、隙を見せないこと。守備ではかなりハードワークして無失点に抑えたことは収穫だと思っています。前後半でシステムを変えましたが、2つともはじめてのシステムでした。それにも選手は順応して、その中で最大限、無失点で抑えることをしっかりやってくれた。感謝しています。本当に順応性がある選手たちだなと感じました。カウンターで何回かチャンスがあったので、特に外山凌の感度がよくて、何度かチャンスを作ってくれました。相手GKのミスなどで間接FKももらえました。あの辺で1点入っていれば、2点、3点入っていたゲームだったと思います。本当にクオリティーのところ。サッカーの難しさでもあるのですが、守備でパワーを使いながら、攻撃でクオリティーやアイデアを出して仕留め切る。その両方をバランスよくやることは簡単ではないと感じました。その中でも何回かチャンスがありましたし、ゴールに向かう姿勢も出せていたと思います。前半シュートが少なかったところに歯がゆさを感じましたが、後半はチャンスを感じる力を共通して見えていたと思います。あとはクロスのところでニアに走る選手がいてほしかった。ニアに走る選手がいるから、ファーが生きる。福岡戦でもニアに走ったからファーで折り返すことができた。今日はボールから逃げすぎた。もう少し下でボールが入るような位置に配置できるようにしていきたい。そういう意識を持ってくれたら、もっと点数に匂いがすると思います」

Q.前半と後半でシステムを変えた理由は?

(残り 845文字/全文: 1505文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ