【サッカー人気4位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

デイリーホーリーホック

「Jリーグ初応援型TカードをPR!小島社長と株式会社ブックエース奥野社長が水戸市長を表敬訪問」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

今年8月から登場したJリーグ初の応援型「水戸ホーリーホックTカード」をPRしようと8月28日、小島耕社長と株式会社ブックエース奥野康作代表取締役社長が高橋靖水戸市長を表敬訪問しました。

「水戸ホーリーホックTカード」とは、貯まったTポイントが自動でホーリーホックのスタジアム建設やチーム強化のための支援金となる、Jリーグ初の応援型Tカード。
今年8月2日から発行がスタートしたばかりですが、開始3週間で約15万ポイントが集まり、順調な滑り出しを見せています。
「水戸ホーリーホックTカード」の発行を実現させた奥野社長は、高橋市長に概要を説明した後、水戸(310)にちなんだ番号のTカードをプレゼント。
普段からTポイントが貯まるコンビニ、ドラッグストア、ネットショップなどをよく利用しているという高橋市長は、印籠のようなブラックのデザインが気に入った様子。「今後はTポイントを積極的に貯めていきたいです」と協力を約束していました。

【写真 米村優子】

奥野社長は「地域にJクラブがあるのは財産。市民一人一人が普段の買い物でクラブを応援でき、より身近に感じて興味を持ってくれるはず。応援型のTカードはファンを本気にさせる。このカードを地域に根付かせたいです」と述べ、小島社長は「非常に心強い支援で、ファンが増えていく一因になると感じています。ホーリーホックが地域の生活の一旦に入っていき、三方良しに繋がっていくことを願っています」と笑顔で話していました。

ポイント応援期間は2024年8月1日まで。
水戸ホーリーホックTカードは、ブックエース6店舗(茨大前店、酒門店、見和店、勝田東石川店、東海店、日立鮎川店)、川又書店3店舗(県庁店、エクセル店、プラムストリート店)で販売中です。
まだお持ちでない方は発行店舗でゲットしましょう!

【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック