【サッカー人気1位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

デイリーホーリーホック

J2第23節大宮アルディージャ戦 秋葉忠宏監督「選手たちは我慢強く、粘り強く戦ってくれた。ここで勝てれば、本物の力になったと思う」【コメント】

「なかなか思い通りのゲームができない中でセットプレーは依田コーチはじめ、ゾーンへの攻略をやってきたので、狙い通り点を取れたのは素晴らしかった。後半の頭で、失点をしましたが、アウェイでの中2日の中、粘り強く我慢強くしのいでくれて、最後ビッグチャンスが来て、そこを刺せるかどうか。そのあとを耐えれるかどうかだったと思います。選手たちは粘り強く、狙い通り戦ってくれました。ここで勝てれば、本物の力になったなと。どうしてもアウェイ中2日の中、ある程度思い通りの展開になるとは思っていませんでした。その中で粘り強く、我慢強く戦って、本物の強さを手にする入り口のところまでには差し掛かったかなと。足は一歩踏み入れていただけに、あそこで決めきる強さがあれば。最低でも勝ち点1を持ち帰ったり、2対1で勝ち切ったり、そういう強さを持てなかったことは残念ですけど、粘り強く、最高のプラン通りにいかなかったときのプランとして、大宮さんのホームで、辛抱強く耐えられるようになったことは我々の収穫であり、成長だと思っています。これを2対1で勝てるだけの本物の強さ。どうしたらそこに近づけるのかを選手たちと話をしながらやっていきたいと思います」

Q.前半は中盤でのミスが多かったと思います。ミスの原因は何だったと思いますか?

(残り 1066文字/全文: 1613文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック