【サッカー人気1位】INAC神戸レオネッサ なぜ2位まで急…

デイリーホーリーホック

J2第25節ジェフユナイテッド千葉戦「『できっこないを、やらなくちゃ』を体現するための新たな一歩。覚悟を胸に、前回対戦のリベンジを期す」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

“現実”を壊すための強烈な意思表示

2日間のオフ明けで行われた7日のトレーニングに秋葉忠宏監督が坊主頭で現れたことに驚きを隠すことはできなかった。「坊主頭」という事実はもちろん、現段階でそれだけの覚悟を行動で移すことに、“本気”を感じざるを得なかった。

第24節終了時点で水戸は12位につけている。リーグで最小レベルの強化費で運営されているチームとして、満足できる結果ではないとはいえ、決して悪い結果ではない。また、コロナ禍で行われている今季はJ1昇格するためには2位以内に入らないといけない特別なレギュレーションで行われており、昇格へのハードルは高まっている。2位とは勝ち点15差開いてしまっているものの、本来ならJ1参入プレーオフ圏内である6位と勝ち点6差という状況は昨季までなら焦る必要はなかっただろう。

(残り 1692文字/全文: 2128文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック