【サッカー人気4位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

デイリーホーリーホック

J2第27節アルビレックス新潟戦 秋葉忠宏監督「タフで見ごたえのあるゲームをしてくれた。最後の駆け引きやクオリティーのところで新潟に分があった」【コメント】

「ホームに2戦ぶりに帰ってきて、選手たちはホームでの勝率がなかなかよくないことを理解していて、なんとかサポーターのみなさんや水戸ファミリーのみなさんに喜んでもらえるようなゲームをしようと意気込んで試合に臨んだ中で前半はいい入りができたのですが、徐々にアタックのところでボールのおさまりが悪くなったり、守備のところで構えたら、新潟さんはボールを回すのがうまいので、最後のところでうまく守れていましたが、奪いに行くことやプレッシングに行くところでファーストディフェンスが決まらなかったり、奪いところが作れなくて少し苦しくなってしまいました。そんな前半でした。

後半どう修正するかというところで、一度で取れなかったら、二度三度追う覚悟を持とうと。全体をコンパクトにして、中盤から前は二度三度追って、いいプレスをかけようと。ダブルチェイシングをかけようという話をしたら、選手たちは走力を出して圧力をかけてくれた。そこからは面白いゲームになったと思います。ボールを奪ってもしっかりボールゲームをしながら、ボールを動かして相手のウィークのところのスペースを突いていったら選手たちは躍動しはじめました。だからこそ、後半の早い時間帯で1点でも返せれば我々のゲームになっていたんじゃないかと思います。そこで僕から見たら、シュートを打てる場面で何回かパスを選択している選手がいたので、そこのアグレッシブさを持てれば、最高だったと思います。最後のところでパスの選択が多かったことが少し残念でした。0対2になってもあきらめずに走力を出してくれて、どんどん圧力をかけ続けたからこそ、1点差に詰め寄ることができました。そこから2対2にするか、1対3にするかというところで3点目を決められてしまいました。

それよりも、一昨年までJ1にいた新潟さんと堂々とフットボールしながら、走力も戦うところも見せてくれました。タフで見ごたえのあるゲームをしてくれたなと思っています。だからこそ、最後の駆け引きやクオリティーのところで新潟さんの方が分があったなと。こういうゲームを勝ち切れるだけの強さや正確さやアイデアを出せれば、もっと強いチームになれると期待感を持てるいいゲームだったと思います」

Q.山口選手を左サイドで起用した理由について?

(残り 736文字/全文: 1683文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック