【サッカー人気3位】WEリーグのパートナーシップを企業側と…

デイリーホーリーホック

J2第27節アルビレックス新潟戦 「“自滅”の言葉がふさわしい敗戦。ミスから3失点喫すも、いずれも前に向かおうとして起きたミスだった」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

前半は水戸の守備のタイトさが目立った

1点を追う終了間際、攻撃を展開しようと最終ラインでボールを受けた平野佑一だったが、ボールを奪われた相手を倒してしまい、PKを献上。豪快に決められて、痛恨の3失点目を喫した。結果は1対3。いずれの失点も自陣でのミスから許したものであり、まさに自滅という言葉がふさわしい。試合後、「タフで見ごたえのあるゲームをしてくれた」と秋葉忠宏監督が語ったように、90分通して狙いとするサッカーを繰り広げ、拮抗した展開に持ち込むことができただけに悔やまれる敗戦だった。

(残り 1790文字/全文: 2117文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック