【サッカー人気2位】INAC神戸レオネッサ なぜ2位まで急…

デイリーホーリーホック

J2第29節レノファ山口FC戦 「ゴールへ近づく意志を前面に出して、様々な“出口”を見つけて奪った前半の2点と後半の2点」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

攻守における優先順位を再確認

「ゴールへ一歩でも1cmでも近づこうとしてくれたことが早い時間帯の得点につながりましたし、相手の退場にもつながったと思います」
秋葉忠宏監督は「これが水戸のサッカーだ」と言わんばかりの誇らしげな表情でそう語った。

リーグ最多得点を誇るものの、ここ数試合は相手のタイトなプレスに苦しみ、攻撃の勢いを出すことができていなかった。そして、「ボールゲーム」にこだわるあまり、自陣でのボール回しへの意識が強くなりすぎて、相手のハイプレスにつかまる試合が続いていた。

(残り 1985文字/全文: 2307文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック