【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

デイリーホーリーホック

J2第33節ヴァンフォーレ甲府戦 秋葉忠宏監督「クオリティーの高さや最後の仕留める決定力の高さを相手に見せられたゲームだった」【コメント】

「クオリティーの高さだとか、最後の仕留める決定力の高さを見せられたゲームだったかなと思っています。我々が人数揃っているにも関わらず、やられてしまったことがもったいないと思いますし、もう少し冷静に外に逃がしたり、クロスの対応だったり、2失点目のところも人数がそろっていたら、中に切り込ませる必要もなかった。最後のところでのリカバリー能力みたいなところが(足りなかった)。クロスの対応も気を付けようという話をしていて、人数がそろっていたのにも関わらずやられたのがもったいなかった。ただ、上位でJ1にいたチームの甲府さんはそれだけのクオリティーと決定力を持っているなと思いました。

我々の方は少しダイナミックさというか、スピードに乗った仕掛けができなかったなと。そこが残念だったなと。もっとダイナミックに、大胆に、スピーディーに攻めたかった。もっともっとカウンターアタックに行きたかった。速い攻撃ができなかったので、相手が11人そろった状態を崩さないといけない状態が続いていた。相手が戻り切らないうちに攻める機会が何回かあったので、そこを逃さないようにしたかった。相手が11人そろったら、最後のところで思い切りのよさやスピードに乗った仕掛けがないと、相手に脅威を与えることはできない。そういうところのダイナミックさや大胆さ、スピードに乗った思い切りのいい仕掛け、スピードに乗った連係がないと、なかなか5-4-1のブロックは崩せないなというのが感想です」

Q.攻撃のスピードが上がらなかったところで、システムに固執したことによって速い攻撃を仕掛けられなかったのかなと思うのですが。

(残り 856文字/全文: 1540文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ