【サッカー人気4位】徳島が「お手本」を見せた2つのサイド攻…

デイリーホーリーホック

J2第37節愛媛FC戦 「度重なるアクシデントを跳ね返すことができず、悔しい逆転負け。深堀隼平が流した涙に込められた思い」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

チームは分解の危機を迎えていた

試合後、深堀隼平はピッチ上に座り込んで、大粒の涙を流した。
「負けた悔しさよりも、選手以外の人に試合を壊されたことが嫌だった。そこで感情が出てしまいました」
唇を噛み締めながら、深堀はその時の感情を振り返った。
「選手同士でこの試合は絶対に勝ちたいと話していたし、何が何でも勝ちたかった」(深堀)。だからこそ、いつも以上に悔しさがこみあげてきた。

(残り 2641文字/全文: 2909文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ