【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

デイリーホーリーホック

J2第38節ジュビロ磐田戦「崩れなかったベンチとピッチの信頼関係。指揮官のアイデンティティを選手たちが体現して磐田を撃破」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

システムのマッチアップを選択

前節愛媛戦で喫した不運の敗戦の代償は大きかった。
チーム得点王の山口一真が負傷し、今節を欠場することに。そして、中山仁斗が一発退場で出場停止。さらには司令塔の平野佑一が今季4枚目の警告を受けて累積警告で欠場。苦境の中で今節を迎えることとなった。

(残り 1625文字/全文: 1843文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ