【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

デイリーホーリーホック

J2第42節東京ヴェルディ戦「アグレッシブかつ、柔軟かつ、獰猛だった。今できることをすべてやり切った、1年間の集大成にふさわしい勝利」【レビュー】

執念でもぎ取ったゴール

まさに執念でもぎ取ったゴールだった。
52分、相手DFに中山仁斗がハイプレスをかけてボールを奪取。そこから中にボールを運び、平野佑一が思い切りよくミドルシュートを放つ。相手GK頭上を越えたボールはクロスバーに直撃。そのボールにいち早く反応した森勇人が頭で叩きつけてゴールを狙うも、バウンドしたボールが再びゴールポストに弾かれてしまう。しかし、そこで攻撃が終わることはなかった。森の背後からボランチの鈴木喜丈が走り込み、体を投げ出してボールを押し込んで東京Vゴールをこじ開けた。

(残り 2136文字/全文: 2384文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ