【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

デイリーホーリーホック

「2021明治安田生命J2リーグ開幕に向けての記者会見」秋葉忠宏監督・中山仁斗選手・金久保順選手「開幕戦は特別。昨季のリベンジを果たす!」【ニュース】【コメント】

【写真 米村優子】

○小島耕社長
「皆さん、こんにちは。水戸ホーリーホック代表取締役の小島でございます。本日は月末のお忙しい中、お集まりいただきまして、誠に感謝致します。詳細はこの後、しっかりとお話させていただきますが、まずはシーズン始めるあたり、開幕まであと2日となりました。チームが1月18日に始動してから、今日で40日となります。32名の選手、その内15名の新加入の選手が、厳しいレギュラー争いを繰り広げている最中です。厳しいシーズンになるかと思いますが、選手たちには頑張っていただいて、最後には素晴らしい結果を掴んでいただきたいと思います。今年は東日本大震災から10年となります。また引き続くコロナ禍の厳しい生活を続けている方もいると思います。そういう方々に活力を与えられるようなクラブの活動、チームの成績を残せるよう全力で頑張っていきます。引き続きの取材を続けていただいて、我々の活動を発信していただければと思います。今季の関しましては、茨城県は緊急事態宣言が発出されておりまして、なかなか皆様に取材の機会をお作りできなかったことを、この場を借りてお詫び申し上げます。本日、茨城新聞さんに大きな特集を組んでいただいて、本当に感謝しております。昨日はNHKさんにサポーターの特集をしていただいたりと、コロナ禍でも本当に皆様に我々水戸ホーリーホックの活動を広く伝えていただけていることに感謝致します。本日は監督、選手2人が来ています。そして素晴らしいパートナーの方との契約の会見をさせていただく流れとなっています。どうか最後までご取材いただいて、明日、広くたくさん記事に出していただければと思います」

○秋葉忠宏監督
「皆さん、こんにちは。お忙しい中、来ていただいて有難うございます。いよいよ明後日から2021シーズンが始まります。正直言いますと、サッカーの素晴らしさも怖さも知っています。今年はJ1から降格してきたチームはいない。すごくチャンスであるシーズン。それと平行して4チームが降格する非常にタフなレギュレーションになっています。どっちに振れて戦うのかどうか。それも我々次第と思っていますので、しっかり一戦一戦、目の前の試合に集中して戦って勝つことによって、それを42試合繰り返した結果、皆さんとともに最高のシーズンとなるように頑張りたいと思いますので、今シーズンも応援よろしくお願いします」

【写真 米村優子】

○中山仁斗キャプテン
「昨年に引き続き、キャプテンを務めさせていただきます中山です。秋葉さんも仰っていた通り、一戦一戦を戦って、積み重ねて、それがJ1昇格への目標を達成することにつながると思っています。無駄な時間は少なくして、なるべくいい練習をしてJ1昇格できるよう、選手一同やっていきますので、応援よろしくお願いします」

【写真 米村優子】

○金久保順選手
「どうも、こんにちは。まず水戸に戻って来られたことを本当に嬉しく思っています。秋葉監督の元、超アグレッシブで超攻撃的なサッカーで、見る人の魂を揺さぶるようなサッカーで、J2に驚きを与えて、今年終わった時にJ1に昇格できるよう、選手一同頑張っていきますので、是非応援をよろしくお願いします」

【写真 米村優子】

質疑応答

Q.秋葉監督に質問です。鹿島とのトレーニングマッチで出た課題と手応えは?今週はどういった改善をしたのでしょうか?そして開幕戦に向けて意気込みをお願います。

(残り 2445文字/全文: 4139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ