現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

デイリーホーリーホック

J2第1節大宮アルディージャ戦 深堀隼平選手「奪ってからのショートカウンターで仕留めるのは狙い通り。もっとできるシーンがあったので、そこは次への改善点」【コメント】

Q.先制点は素晴らしい形で決めました。
「(安藤)瑞季がいい形でドリブルを運んでいたので、外側から裏に抜けるよりかは、相手の選手も少し僕を見失っているなと思ったので、一気に内側に入って、いいボールをくれたので、後は流し込むだけでした」

Q.ボールを奪ってから速く攻めるのはチームとして狙いの形でした。

(残り 1063文字/全文: 1211文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ