【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

デイリーホーリーホック

「『点取り屋』の枠におさまらない安藤瑞季のポテンシャルが新システムのカギを握っている」【コラム】

【写真 水戸ホーリーホック】

茨城県独自の緊急事態宣言が発令されたため、チーム始動日から一般だけでなく、メディアにも練習非公開でチーム作りが行われてきた。

練習が見られない状況でもリモート取材を中心に様々な情報集めていた中で入ってきたのは「4-3-3にトライしている」こと。そして、どういうメンバー構成なのかを探ったところ、「安藤瑞季がウイングでプレーしている」という情報が入ってきた。

(残り 1023文字/全文: 1283文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ