【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

デイリーホーリーホック

「新事業へ無限大の可能性!『いばらきeスポーツフォーラム』に小島社長とnomo選手が出演」【HHレポート】※無料記事

3月27日、茨城県eスポーツの祭典「いばらきeスポーツフォーラム」(茨城県いばらきeスポーツ産業創造プロジェクト主催)がオンラインで開かれ、eスポーツをテーマにしたトークショーで小島耕社長とeスポーツチーム所属のnomo選手が出演。
茨城県内でeスポーツを取り入れている教育、医療・福祉、研究者、行政の代表者とともに、eスポーツを導入した経緯や理由、今後の展望などを語りました。

水戸ホーリーホックでは昨年7月からeスポーツチームが始動。
MCを務めたお笑い芸人コンビ「オスペンギン」から、eスポーツ活動に熱を入れる理由をたずねられると、「『夢と感動と一体感の共有に向けて、地域に根ざし、地域と歩み、地域に貢献し、地域と共に発展します。』がクラブのビジョン。茨城県eスポーツのPVで『茨城から世界へ』とあったように、感動や熱狂にはeスポーツにも共通点があり、現実のサッカーとあまり変わりはない。nomo選手らに昨年から我チームに入って貰い、水戸ホーリーホックの名が世界に知られつつある。eスポーツは、サッカーを一緒に盛り上げていける存在だと感じています」と小島社長。
発足から8ヶ月で感じた手応えを語っていました。

一方、nomo選手は「高校時代は野球部で甲子園を目指していたが、怪我で断念せざるを得なくなった。社会人になって『何か目標を持って熱くなれることがやりたい』と思った中で、野球もゲームが色々とあるけれども、ちょっと違ったものをやりたいとウイニングイレブンを始めました」とeスポーツ選手になった経緯を紹介していました。

その他、eスポーツ部の顧問やゲームのプラグラミング教室を担当する県立常陸大宮高校の星野智紀教諭、障がい者の就労支援としてeスポーツの環境づくりを進めている公益社団法人茨城県作業療法士会の大場耕一会長、eスポーツのリアルスポーツへの応用などを研究中の筑波大学の松井崇助教、茨城県内のeスポーツや付随する新産業の発展を支援する茨城県産業政策課eスポーツ推進担当の小川悟リーダーも登場。
各分野のeスポーツを活用した取り組みを知ったオスペンギンの二人は、「無限大の可能性を感じる!」と驚きを隠せない様子でした。

今後のeスポーツ活動に対して小島社長は「実証されたeスポーツの効果などを地域の盛り上がり、子どもたちの次の夢へと変えていくことが必要。例えば、nomo選手がホーリーホックから海外のチームに移籍したり、我々のスクールでeスポーツ教室を開いたり、プロスポーツチームとして新たな事業展開に持ち込んでいける可能性がある。国内で過去に一万人も呼べたeスポーツイベントがあるならば、もしかしたら現実のサッカーが前座で、eスポーツが本番になることもあるかもしれない。ケーズデンキスタジアムでそういったイベントもやってみたいなと思います」と前向きな姿勢。
ホーリーホック選手の中にもゲーム好きな選手がいることから、「怪我によってピッチでプレーできない選手をeスポーツに参戦させたい。そこで働いて貰いたいですね」という意見に、パネラーらは興味深そうな反応でした。

各分野の代表者のコメントを受けて、nomo選手は「ここまで皆さんがeスポーツに対して動いてくれていることに、一eスポーツプレーヤーとして嬉しく思いました」と感銘を受けながら、「僕らは負けると悔しくて勝ちたいし、結果が欲しくてやっている。大会を開いてくれれば、僕らは食いついていく。まだ大会数は少ない。これから多くの大会を開いて貰いたい。お願いします!」と懇願。
オスペンギンのでれすけさんが「例えば、水戸ホーリーホック杯とかどうです?」と小島社長にコメントを求めると、「夏ぐらいにやりましょ!」と即答する場面も。

そして、有名なプロeスポーツプレーヤーやゲーム実況者などの出演した「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」2on2エキシビジョンマッチeスポーツプロプレイヤー代表vsインフルエンサー代表の試合では、nomo選手が解説者として出演。
実況者と息の合った軽妙なトークで、終始ゲーム観戦を楽しみながら、各プレーを解説している様子が印象的でした。

最後に小島社長は「eスポーツの盛り上がりが羨ましい。みんなが盛り上がって、興奮する感じがとてもいいですね。今回はたくさんの知見を持ち帰れて良かったなと思います」と多くのヒントを得た模様。
nomo選手は「解説もトークショーも楽しかったです。今後eスポーツは絶対に成長していくと全員が感じたと思います」と期待感を顕にしていました。

3月20日に開かれたクラブのeスポーツ選手決定戦「水戸ホーリーホックeスポーツチャレンジカップ 2021」によって、りくぞー選手とnovikiti選手の加入が決まりました。
年々、世界中で盛り上がりを見せているeスポーツ。今季の水戸ホーリーホックeスポーツチームの活躍にも注目しましょう!

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ