【サッカー人気3位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

デイリーホーリーホック

J2第8節ファジアーノ岡山戦「前節の反省を活かしてゴールをこじ開けたい。注目はメンバー構成。『正しい競争』がチームを活性化させる」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

7試合4失点の堅守を打ち破れ

前節の反省を活かさなければならない一戦だ。前節琉球戦では15本のシュートを記録。そのうちの10本は枠内シュートであった。それでも、ゴール前に人数を固めて守る琉球のゴールをこじ開けることができなかった。

ただ、「点を取れませんでしたが、悪くはないと思います。突き詰めないといけないとは思いますが、ボックスに至るまでの過程はいい部分がありました」と松崎快が振り返るように、チームとして攻撃のバリエーションが増えていることに選手たちは手ごたえをつかんでいるようだ。

(残り 1262文字/全文: 1587文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ