【サッカー人気4位】下位直接対決は痛恨ドロー。苦境打破へ、…

デイリーホーリーホック

平野佑一選手「4-3-3は自信を持ってボールを回せる『強者のシステム』。1失点しても2点取れるメンタリティーで戦えている」【コメント】【練習レポート】

Q.岡山戦は平野選手が投入されてから試合の流れが変わりました。どういう思いでピッチに入ったのでしょうか。それとどういうプレーを心がけたのでしょうか。
「ボランチで途中から出場するのは自分の中で難しいなと思うところがありました。でも、昨年連戦が続く中で途中出場することもあったので、苦手意識を持つことなく入ることができました。自分の中でよぎったのはけがから復帰した新潟戦から失点に絡むミスを続けてしまったこと。自分は肩に力を入れずにプレーをするスタイルなんですけど、集中してプレーすることだけを意識して試合に入りました。エリアを考えてプレーを選択するように心がけました。チームとしては2連敗している流れもあって、あまりいい雰囲気ではなく、自分のプレーで変わるというより、みんなのマインドを戻したいというイメージで入ったので、必要以上に声をかけるようにしました」

Q.松崎選手が投入されてからさらに勢いが出ました。松崎選手が入ってからシステム変更したようですが、飲水タイムに監督に「戻したい」と伝えてシステムを4-3-3に戻したとのことですが。

(残り 2129文字/全文: 2597文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ