【サッカー人気4位】【コラム】監督の電撃交代。その背景と、…

デイリーホーリーホック

J2第10節ブラウブリッツ秋田戦 「秋田の覚悟に圧倒された90分。“崩す”以外の攻め手のなさが現状の最大の課題」【レビュー】

“最悪”の前半ではなかった

負けるとしたら、このパターン。そんな負け方だった。
秋田のロングボール攻撃に加え、強い風に荒れた乾いたピッチが水戸を苦しませた。

前半風上に立つ秋田のロングボール攻撃を跳ね返しはするものの、風の影響でボールが押し戻されて、秋田の勢いに押し込まれる時間が続いた。跳ね返しは拾われて、また押し込まれる。その繰り返しだった。

(残り 1719文字/全文: 1889文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ