【サッカー人気2位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

デイリーホーリーホック

「新メンバーも来場!ホーム栃木戦で水戸ホーリーホックeスポーツチームがサポーターと対戦」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

5月9日のホーム栃木戦で「アプリシエイトeスポーツ体験イベント」が開催され、水戸ホーリーホックeスポーツチームのメンバーとサポーターが人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2021」で対戦を楽しみました。

昨年発足した水戸ホーリーホックeスポーツチームはnomo選手、ウラえもん選手の初代メンバーに、今年はnovikiti(のびきち)選手、りくぞー選手が加わり、4人体制に強化。
全選手が茨城県在住で、水戸ホーリーホックの名を背負いながら、国体や各種大会への出場、イベント出演などをしてピッチ外からクラブを熱く盛り上げています。
今回のイベントでは、ウラえもん選手以外の全選手が参加し、新加入選手らを中心にサポーターとのプレーでブースを賑わいました。
新加入のnovikiti選手は「水戸のサポーターは友好的で距離感が近く、一緒にプレーしやすかったです。『頑張って下さいね』と声をかけて貰ったり、親近感が沸きました」。
りくぞー選手は「サポーターの皆さんが温かくて、応援の声も素直に嬉しかったです。こういう触れ合いの機会はなかなかない中、来てくれたお客さん達に楽しんで貰えて良かったです」と笑顔で語っていました。

【写真 米村優子】

novikiti選手はつくば市在住の会社員。
実は昨年の大会で敗れ、今年の「水戸ホーリーホックeスポーツチャレンジカップ2021」で優勝し、リベンジを果たした新加入選手です。
茨城国体の観戦を機にプロのeスポーツ選手を目指し、上級者のプレーを分析しながら、多い日には4~6時間の特訓を経て、念願のプロ選手となりました。
プレーの特徴はカウンターサッカー。「速いプレスと守備からのカウンターを心掛けています」と持ち味を語ります。
今年の水戸eスポーツチームのイメージは、「泥臭いサッカー」。
「地元の選手で構成されたチームなので、地元の力を見せたいと思います」と意気込んでいます。

【写真 米村優子】

水戸市出身、水戸市在住のりくぞー選手は「水戸ホーリーホックeスポーツチャレンジカップ2021」で準優勝に輝いた社会人選手。
KSスタの近所に実家があり、学生時代から水戸ホーリーホックの試合を度々観戦。
小学生の頃からプレーしていたウイイレで地元を盛り上げたいと、半年前から本格的に練習を重ねて、eスポーツチームの新メンバーとなりました。
「地元が好き。地元がナンバーワンであって欲しいんです。これからeスポーツを通じて地元を盛り上げたいです」と水戸愛を語っていました。
novikiti選手と同じく、カウンターが持ち味で、「ボールを奪ったらすぐに攻勢に転じる切り替えの速さ」に注目です。
りくぞー選手が今季の目標として掲げているのは国体優勝。
茨城の都道府県予選は6月19日に予選会、20日に決勝が開催予定。茨城代表の座を勝ち取ることに期待しましょう!

【写真 米村優子】

昨年は9月に開催された「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX (日本eスポーツ選抜競技大会)eFootball ウイニングイレブン 国内最強チーム決定戦」でベスト8に輝き、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA eFootballウイニングイレブン部門 茨城県予選」で、高校生の部「ダンケシェーンズ」の一員としてウラえもん選手が県北大会優勝、オープンの部「ぺいんてる」メンバーのnomo選手が県南大会優勝したeスポーツチーム。
nomo選手は「チームを背負って参加するので、今までとは違うプレッシャーを常に感じていました。強豪選手との対戦が続き、プロの洗礼を受けた一年でした」と昨シーズンを振り返ります。
そして今季は大会出場だけではなく、水戸ホーリーホックeスポーツチームの活動の幅を広げようと、他のJ2クラブのeスポーツチームとのスタジアムイベントなど新たな企画を考案中です。
「サポーターの皆様にサッカーもeスポーツも応援して貰って、ともに水戸ホーリーホックを盛り上げていきたいです」と力強く語っていました。
今季のeスポーツチームもピッチ外で白熱の戦いを繰り広げてくれることでしょう。

【写真 米村優子】

現在、アプリゲーム「eJ.LEAGUE ウイニングイレブン」では、好きなJ1、J2クラブにエントリーすると各カテゴリー上位3クラブに賞金が贈られるキャンペーン「サポーター賞」が6月6日まで実施中。
どんどん水戸ホーリーホックにエントリーをして、サポーターの力でクラブ強化支援金をゲットしましょう!
https://e-football.konami.net/ejleague/2021/page/supporter_award/

【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ