【サッカー人気4位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

デイリーホーリーホック

秋葉忠宏監督「9年間紡いできたものを途絶えさたことに責任を感じている。ただ、栃木に『ドローでいい』と思わせるぐらい圧力をかけ続けた選手たちは素晴らしかった」【コメント】

「9年間積み上げてきた歴代の選手たちやクラブに関わってくれている方、サポーターやファミリーの方が紡いできたものを途絶えさせてしまったことを申し訳なく思っていますし、責任も感じています。ただ、選手たちはこのアウェイの地で、前節0対3の状態から最後までファイトするところ、ゴールに向かうところ、ボールを奪うところ、素晴らしいものを見せてくれたので、非常に選手たちのタフさやリバウンドメンタリティー、ダービーの勝利に対する執念や執着は素晴らしいものがありました。胸を張って水戸に帰りたいと思います。ただ、1点だけ、監督だけがヘボだっただけで、本当に選手たちは素晴らしいパフォーマンスとプレーを見せてくれました。今日はサポーターやファミリーがスタジアムに来られない中でも最後まで相手を相手陣地にくぎ付けにする戦いを見せました。ホーム試合にも関わらず、最後はドローでいいやと栃木さんに思わせるほど、最後まで圧力をかけ続けたところが本当に素晴らしかった。残留争いをしているチームが相手だと、こういう試合になってしまうのかなと。最後、こじ開けるだけのものを僕自身が選手たちに授けられるように。本当に選手たちは最後まで戦ってくれたからこそ、監督が腕を上げて、最後点を取って勝ち切るだけのものを示せるような指導者にならないといけないと痛感させられるゲームでした。選手たちは本当によくやってくれました。何度も言いますが、今日は負けたわけではないので、しっかり胸を張って水戸に帰りたいと思います。次は金沢とホームでファミリーの前で戦いますから。県独自の非常事態宣言は19日で解除されると聞いていますので、また多くの方の前で素晴らしいパフォーマンスを見せて、ゴールする姿を見せて勝ちたいと思います」

Q.今日は藤尾選手を先発起用して、中山仁斗選手をベンチスタートにしました。それは栃木に対しての狙いだったのでしょうか?

(残り 1206文字/全文: 2002文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ