【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

デイリーホーリーホック

J2第30節栃木SC戦 新里涼選手「前半に辛抱強く回し続けた結果、後半は相手が前から来られなくなった。だからこそ、勝ち点3が是が非でもほしかった」【コメント】

Q.試合全体を振り返って下さい。
「前節、ホームで完敗した中で、『チームとしてゲームの入りで隙きを見せない』と徹底的に意識して試合に入りました。ロングボールや相手のやりたいことに対して上手く対策が出来ていた中で、自分たちのビルドアップの部分、ボールを前に運ぶ部分でもう少し工夫があったらなという前半でした。そこで辛抱強く前半は回し続けた結果、後半は相手が前から来られなくなった。自分たちは勝ち点3が是が非でも欲しかった。

(残り 852文字/全文: 1061文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ