【サッカー人気4位】様々な要素を孕んだ“変身”。深刻さを増…

デイリーホーリーホック

「選手たちが語る90+3分の怒涛のカウンター。追加点を奪う共通意識。そして、前に人数をかけることによるリスクマネジメント」【コラム】

【写真 水戸ホーリーホック】

第31節金沢戦、1点リードで迎えた90+3分、金沢のCKの流れからボールを奪うと、怒涛のカウンターを発動。ボールを受けた森勇人が左サイドに運ぶと、逆サイドには多くの選手が金沢の選手を水戸陣内に置き去りにして走り込んできた。そこにはセンターバックのタビナス・ジェファーソンの姿もあった。

そして、森から中央にボールが送られると、逆サイドから走り込んできた村田航一のもとへ。村田はボールを受けると、右足を一閃。しかし、GKにセーブをされてゴールを奪うことはできなかった。

それでも、試合終了間際にも関わらず、相手を圧倒する走力を見せてゴールに襲い掛かった光景はこの試合の得点場面と同等のハイライトと言えるだろう。そして、水戸ホーリーホックというチームのスタンスを示した場面だったと言っても過言ではない。

相手のタックルをかわして森にボールをつないだ新里涼はこう振り返る。

(残り 1442文字/全文: 1905文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ