【サッカー人気1位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

デイリーホーリーホック

「左右入れ替えて安定したレフティーコンビ。センターバックの『最適解』を見出すことができたか」【コラム】

【写真 水戸ホーリーホック】

第33節群馬戦、開始3分にロングボールを通されて失点。前節に続いて、右センターバックに入っているタビナス・ジェファーソンのマークミスが原因だった。

今季の水戸の守備のリーダーは住吉ジェラニレショーンが務めていた。加入2年目、驚異的な身体能力を活かした空中戦と1対1の強さ、そして、攻撃的センスを備えた住吉は高いラインを維持しながら攻撃的なサッカーを繰り広げるための重要なファクターとして絶対的な存在感を示していた。しかし、第22節町田戦を最後にJ1サンフレッチェ広島に移籍。住吉が抜けたセンターバックをどうするかはリーグ後半戦に向けた大きな問題であった。

(残り 1514文字/全文: 1873文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ