【サッカー人気3位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

デイリーホーリーホック

大崎航詩選手「ずっと結果が欲しかった中、攻守で発揮出来た群馬戦。次節も先制点の課題を意識し『凡事徹底』で臨みたい」【コメント】【練習レポート】

【写真 米村優子】

Q.前節は見事な同点弾を決めました。
「DF陣として試合早々失点してしまったので、早めに追いつきたかったのもありましたし、自分達はセットプレーで点を取れていないので、なんとかセットプレーでという中で、本来は(鈴木)喜丈が大外に入る形が多いのですが、その日はニアに走っていって、自分が大外に残る形になりました。喜丈が触れば溢れてくるだろうと待っていたら、あそこに溢れてきた。キーパーのパンチングで回転がかかっていて、ボールがどんどん右に反れていったので、左で蹴れないなと思いました。止めてどうこうして相手が来るのが嫌だったので、逆足で枠に向かって振ることしか出来なかったですが、相手を気にせず振ったらあんな形で入りました。同点に出来たこと、自分のゴールでチームの勢いを保てたことは良かったかなと思います」

Q.久々のゴールの感触はいかがでした?

(残り 1877文字/全文: 2324文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ