【サッカー人気1位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

デイリーホーリーホック

J2第34節レノファ山口FC戦 「悔しさ半分、安堵半分の勝ち点1。秋葉体制最多の5試合連続負けなしの意義」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

”負けパターン“に陥ったかと思われた

「勝ち点3を持って帰れたという思いと、よくドローに追いついたという思いと、両方あった試合でした」
試合後、秋葉忠宏監督は率直な感想を口にした。

試合内容だけを見れば、勝たなければいけない試合であった。だが、敵地でセットプレーから2失点を喫する苦しい展開を強いられながらもドローに持ち込めたことは決して悪くはない。数カ月前までよく見た“負けパターン”であっただけにチームとしての成長を見せたと言える。

(残り 2059文字/全文: 2357文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ