【サッカー人気5位】様々な要素を孕んだ“変身”。深刻さを増…

デイリーホーリーホック

「2022年必勝祈願 [コメント]小島耕社長、秋葉忠宏監督」【ニュース】※無料記事

【写真 米村優子】

○小島耕社長
Q.必勝祈願を終えて、改めてどのようなお気持ちでしょうか?
「昨年もそうですが、選手達全員でお祈りに来られたら良かったのですが、このようなご時世ですので、私と監督が代表で参りました。昨日、選手達が絵馬にサインを入れている時に『社長、しっかりお祈りしてきて下さいね』と言葉を掛けてくれていました。選手も開幕前の一つひとつの行事をやっていくことで気持ちが高まってくると思います。私も正直、開幕へ高まりました」

Q.どんなことをお祈りしたのでしょうか?
「まずは選手が怪我なくプレーしてくれること。僕は選手の怪我が一番心を痛めるので、怪我なく一年間、元気にプレーをし続けて、『正しい競争』の中でレギュラー争いをして、ピッチで躍動してくれることを本当に心からお祈りしました。結果は後についてくるので、まずはしっかり選手らをお守りいただければいいなとお願いしました」

Q.今季が始動しましたが、チームの状況はいかがですか?
「断片でしか練習が見られないのですが、すごく若い選手が多いので、噛み合ったら面白いことになると感じています。監督の熱い指導が若い選手らに刺さっているのが日に日に分かる。ピッチ上のことは、一ファンとして楽しみに見ています」

Q.トレーニングマッチ等で新加入選手が活躍しています。新チームに期待することは?
「とにかく、一つひとつの試合を全力で、見ている方の心に訴えるサッカーをしっかり届けたい。それが秋の大きなJ1という収穫物に繋がればいいなと思います。一試合一試合を見ている方に『水戸のサッカーは心が熱くなるよね』と言われる試合をしたいです」

○秋葉忠宏監督

Q.必勝祈願を終えられていかがですか?
「やはり身が引き締まります。昨年は来られなかったので、こういう空気感はすごくやってやるぞという気持ちになりますし、こういう神聖な場所に来るからこそ、また今季もパワー、エネルギーを貰えて、選手と共に躍動しようと強く思える瞬間です。非常に身が引き締まるいい時間でした」

Q.宮司の方から「明浄(めいじょう)」と書かれた絵馬が寄贈されました。
「『清く、明るく』という意味でしたので、早速、選手に話そうと考えています。水戸ホーリーホックの良さは、フェアプレー精神だったり、正々堂々と戦うこと。超攻撃的にアグレッシブにやるからこそ、見ている方が心、魂を揺さぶられたりするゲームになると思っていますから。そこに明るさというものを加えたい。僕もそうですが、何かをやるのであれば、下を向くよりも、明るく元気にやれば必ずいい方向に転ぶと思っています。『清く、明るく』しっかり選手と共にやっていきたいと思います」

Q.今シーズンは16名の新加入選手がいます。チームの状況はいかがですか?
「もう最高です。ギラギラと野心ある選手、向上心がある選手ばかりなので。16名入れ替わりましたが、その分、また新しいエネルギー、パワーがある。そういったものをいい方向転換できるように我々のマネージメントが問われている。しっかりチーム一丸となって、やっていきたいと思います」

Q.来週から沖縄キャンプがスタートします。どんなコンセプトで取り組もうと考えていますか?
「まずは16名変わった中で、一体感を生み出すために寝食を共にする。グラウンドだけでなく、食事の所だったり、部屋に帰っても選手同士です。もちろんコロナに気を付けながら、人となりを知る、腹の底から知る。寝食を共にすることで、その人の性格や考えだとか分かってくると思います。早くそういう所をお互い理解し合って、まずは一体感や団結力を高めたいと思います」

Q.改めて、今シーズンの意気込みを。
「怪我なく、全選手がワンシーズン戦い抜く。我々、水戸ホーリーホックらしく最後までハードワークするだとか、必死になって戦い抜く姿を一年間42試合でお見せして、水戸ファミリーの方とJ2リーグを戦い抜く。その結果は神様しか分かりませんから、やれるべきこと、やらなければいけないことをやり尽くす。そして、人事を尽くして天命を待ちたいと思います」

【写真 米村優子】

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ