【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

デイリーホーリーホック

「木下康介初実戦初ゴール! 東京国際大学に2対0で勝利。ただ、水戸らしさは出し切れず、攻撃においてやるべきことの多さを痛感させられた」【練習レポート】

【写真 佐藤拓也】

練習試合 45分・30分・30分
水戸2(1-0、1-0、0-0)0東京国際大学
得点者:木下康介選手、村田航一選手

1月21日は新チームがスタートして3戦目となる練習試合が行われました。対戦相手は2003年から5年間にわたり、水戸の指揮を執った前田秀樹監督率いる東京国際大学。昨季関東2部リーグで優勝して、1部昇格を決めた勢いのあるチームです。そして、現在水戸には楠本卓海選手、音泉翔眞選手、土井達也トレーナーが同校OBであり、チーム内の「最大派閥」(土井トレーナー)となっています。水戸の土台を築いた前田監督が育てた人材が、今の水戸を支えるようになっていることに因果を感じずにはいられません。そうした深い縁を持つ東京国際大学との一戦に挑みました。

(残り 2075文字/全文: 2474文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ