デイリーホーリーホック

J2第3節ブラウブリッツ秋田戦 「相手の土俵ではなく、自分たちの土俵に引きずり込みたい。仙台戦の敗戦をいかに受け止めて、準備してきたのかが問われる一戦」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

苦言を呈した中堅選手

前節仙台戦、「選手たちは最後までファイトしてくれたし、光や希望が見える試合をしてくれた」と秋葉忠宏監督が評したように、水戸らしいアグレッシブな姿勢を貫き、J1からの降格組である仙台相手に多くのチャンスを作り出した内容に関して手ごたえをつかむことができた試合であった。また、「いろんな運に見放されたところがあった」(秋葉監督)と水戸からすると不可解な判定の連続によって勝負が左右したこともあり、悔しい逆転負けを喫したものの、試合内容に関しては決して悲観すべきものではなかった。チーム全体もそう捉えて、前に進もうという空気を出していた。

とはいえ、敗戦したことも3失点喫したことも事実。いいパフォーマンスを見せながらも、勝てなかった現実をどのように受け止めて、1週間準備してきたかが問われる一戦となる。

(残り 1663文字/全文: 2104文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ