デイリーホーリーホック

J2第14節ファジアーノ岡山戦 秋葉忠宏監督「ハイテンポなゲームをしたかったが、ファウルでテンポを落としてしまった。そこから失点したことがもったいなかった」【コメント】

「まずはこのアウェイの地まで多くのサポーター・ファミリーが駆け付けてくれたことに感謝しています。ゲームの方は暑い中で選手たちはよく走ってくれましたし、戦ってくれました。ゴールを目指す執念、同点にするんだという気概みたいなものを存分に感じさせてくれたので、0対2で終わるのと、1対2で終わるのは全然違う。我々にとっては大きな、次の試合につながる1ゴールを奪ってくれました。我々は中3日でホームに帰れますから、ホームではサポーター・ファミリーの力で無類の力を見せていますから、この1点がきっと大きなものになってくれると思っています。またホームで必ず力を与えてくれるサポーターがたくさん来てくれると思っていますから、ぜひこの5連戦をしっかり勝ち越して終われるように。現在2勝2敗のイーブン。次は勝つことしか考えていないので、必ず勝って、勝ち越して5連戦を終えたいと思っています」

Q.前半にファイルが多くて失点につながりましたが。

(残り 446文字/全文: 857文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ