【サッカー人気1位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

デイリーホーリーホック

J2第14節ファジアーノ岡山戦 「立て続けに『弱さ』を露呈した水戸、リアリズムに屈す。8分間に込められたメッセージは何だったのか」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

分断された「いい攻撃」と「いい守備」

「岡山が堅いチームだということは分かっていました」
黒石貴哉はそう振り返る。
開幕から13戦してわずか2敗の岡山は手堅い戦い方で勝点を重ねて上位に位置している。その相手に対して、隙を見せずに戦いながら、手堅さを打破できるかが今節の最大のポイントであった。

(残り 1590文字/全文: 1816文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ