デイリーホーリーホック

J2第16節東京ヴェルディ戦 秋葉忠宏監督「相手に息つく暇を与えないほど、すべての攻撃でゴールに向かったから、あれだけ脅威を与えることができた」【コメント】

「選手たちの頑張り、今週1週間、我々がやってきたことは何なのか、やるべきことは何なのかを徹底して見直して、中途半端で薄まっていたところを全員で共通意識を持ってやれたことがこの結果になったと思っています。この暑い中、相手より走り、戦い、そして、しっかりボールを動かして、ゴールに向かい続けた。我々がずっとやってきたフットボールを、このアウェイの地で素晴らしく表現してくれたと思っています。そこを表現させてもらえたのは、アウェイでも水戸から来てくれた青いユニフォームを着た300~400人のサポーターやファミリーがいてくれたからこそ。その方たちのおかげで選手たちは最後まで走りましたし、戦いました。怖がらずにリスクをおかして、ミスを恐れずにゴールに向かい続けたからこその2ゴールだと思っていますし、勝利だと思っています。正直、いろんなアクシデントがあった中で何事もなかったように戦った選手たちのメンタル的な強さとタフさ。本当に素晴らしい選手と仕事をさせてもらっていると誇れるアウェイゲームだったと思っています」

Q.51分に森選手を下げて、曽根田選手を投入しました。その曽根田選手が大仕事をしましたが、後半早い時間帯で交代を行った狙いは?

(残り 1181文字/全文: 1697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ