デイリーホーリーホック

J2第18節アルビレックス新潟戦 「突き付けられたクオリティーの差。だが、真っ向勝負を挑んだからこそ、見えたものがある」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

新潟を苦しめた水戸のハイプレス

「強かったですね」
試合後の会見において、秋葉忠宏監督は開口一番、すっきりした表情でそう口にした。
自分たちのやるべきことはやった。しかし、それでも3点という差をつけられての敗戦を喫した。
秋葉監督も「清々しい完敗」と認めざるを得なかった。

ただ、「点差ほど内容で差があったわけではない。本当に厳しいゲームでした」と昨季水戸の在籍していた伊藤涼太郎は“接戦”であったことを強調していた。そして、新潟の松橋力蔵監督が語ったのは「前半は水戸のゲームで、後半は新潟のゲームだった」ということ。その45分ずつ分かれた流れの中、水戸は新潟ゴールを仕留めることができず、新潟は3点を決めてみせた。その差を表現するのに、両指揮官が使ったのが「クオリティー」という言葉であった。

(残り 2058文字/全文: 2483文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ