デイリーホーリーホック

J2第22節ロアッソ熊本戦 秋葉忠宏監督「アクシデントがあった中でもそれを言い訳にせず、タフに戦い抜いてくれた選手たちは本当に素晴らしいと思います」【コメント】

「いや~非常に面白かったですね。死闘! 激闘! 非常にエキサイティングでハラハラドキドキする、どっちがいつ得点しても、失点してもおかしくないようなゴール前に迫るお互いに気持ちや姿勢だったり、走ってゴールに向かおうとしていた。そして、お互いにボールを動かそうとしていた。非常に見ていて面白いゲームでした。我々はゲーム前にアクシデントがありましたが、九州の地の独特の暑さの中、最後の最後まで粘り強く、辛抱強く、少し熊本さんに圧力をかけられて押されてもしっかりと耐えきることができましたし、3試合連続クリーンシートという結果を残すことができました。フィジカルやフィットネス、戦術や戦略やだけでなく、メンタリティーも含めて、我慢強さや粘り強さ、何が何でも点を取らせないんだという勝者のメンタリティーみたいなものがいよいよ養われてきたと思っていますから、今日の勝ち点1を活かせるかどうかは次のホームの岡山戦にかかっています。中5日ありますので、いい調整をしたい。だいぶ選手たちも疲労困憊な感じになっていましたから、まずはしっかり回復させて、コンディションを整えながら、ホーム岡山戦でパワーを使って、勝ち点3を取って、不敗記録やクリーンシートが続くように、選手たちとパワーを持ってやっていきたいと思います」

Q.試合前にアクシデントがあったとのことですが、ベンチメンバーが6人だったことに関係しているのでしょうか?

(残り 1179文字/全文: 1777文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ