【サッカー人気2位】Jクラブの選手・関係者が相次いでコロナ…

横浜本牧フットボールマニアックス

「群馬は前期の借りがありますからね」シュタルフ悠紀リヒャルト監督【練習コメント】

2019年8月1日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

8月1日、横浜は暑かった。長めのミーティング後、ピッチに現れた選手たちはボールを回しながら細部を確認。前節にロスタイムでヴァンラーレ八戸に追いつかれてしまった彼らは気持ちを切り替え、次節のザスパクサツ群馬戦に備えていた。

▼NEXT MATCH
明治安田生命J3リーグ 第19節
ザスパクサツ群馬―Y.S.C.C.横浜
2019年8月4日(日)19:00 正田醤油スタジアム群馬

シュタルフ悠紀リヒャルト 監督

群馬はクオリティの高いチームですね。選手の個々の能力が高くて、今調子が良くて波に乗っているチームです。強敵ですけれども十分いいゲームができる自信はあるので、これまでの4試合がそうだったように僕らのサッカーで挑んで、チャンスを一つでも多く作ってゴールネットを1回でも多く揺らして、前期の借り(第5節、YS横浜0-2群馬)がありますからね。あの時は残念ながら無得点ゲームに終わってしまったので、後期は必ず前期よりもどの試合でも成長してより良い結果をというのをチームとしての目標にしているので、2点を奪わせないような守備をして1点でも多く獲る、その両方を達成できれば勝ち点3になるので、群馬の守備ブロックを崩すこととサイド攻撃のところでやられない、といったところを頑張っていきたいと思いますね。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック