Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

横浜本牧フットボールマニアックス

高橋「セカンドのメンバーのためにも」滝沢「自分でもびっくりするぐらい」【F2第7節・vs北九州】[フットサル]

2019年9月15日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第7節
Y.S.C.C.横浜 2-2 ボルクバレット北九州
2019年9月15日(日)横浜市平沼記念体育館 入場者数:451人

02’17” 北九州 清水誠也
24’56” 北九州 小林謙太
29’58” YS横浜 高橋健
33’52” YS横浜 滝沢拓也

2点リードされても、2点奪い返せばいい。高橋のルーレットからの追撃の矢と、セットプレーから滝沢の同点弾にはその意志があった。本人も「びっくりするぐらい」という滝沢と、「気持ちよかった」という高橋が得点を振り返る。

▼ドローに持ち込んだ同点弾

滝沢拓也

滝沢 (北野)聖夜が作ったセットプレーだったんですけど、うまく出来過ぎてびっくりするぐらいですね。同点に追いつくゴールだったのでよかったです。

――このドローは勝てなかった試合ですか? それとも、負けなかった試合ですか?

滝沢 負けなかった試合ですね。北九州が相手ですので、紙一重になるとはわかっていましたので。前半に負けている状況でも負ける気はしなかったですし、全員そういう雰囲気だったので前向きにチームは動いてよかったと思います。

 

▼セカンドの想いをゴールで応える

高橋健

高橋 (橋本)裕貴とずっと「あのタイミングで出して」と話していたので、やっと出たって感じですね。対戦相手の選手が足を伸ばした瞬間に「取られる」と思ったんですけど通って、シンプルによかったかなと。練習でトーキックで撃って外すことがあったので、それが脳裏に浮かんで対戦相手がスライディングをするところまで見えたので、得意なルーレットを出そうとイメージしながらうまくハマったゴールですね。気持ちよかったですね。

今週は台風の影響で練習場も被害を受けていて、セカンドのメンバーが復旧作業のお手伝いをしていたんですね。その彼らが「トップは試合があるから練習をした方がいい」と声をかけてくれていたので、今日は勝たないとなという気持ちがありました。それがメンタルにもいい影響があって得点ができたと思うので、今日だけのプレーじゃないのかなと思います。

――今日は勝てなかった試合ですか? 負けなかった試合ですか?

高橋 勝ちたかったですね。でも選手のケガが多かったので、負けなくてよかったというのもあります。でもこれで満足しないで、次の練習からやらないと引き分けた意味もないし、ここまで勝ってきた意味もなくなってしまうので、今日の試合は終わったので切り替えてまた次の試合に向けるといいのかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック