JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

横浜本牧フットボールマニアックス

攻守に渡り90分集中し続けた証。YS、3得点とクリーンシート【J3第27節・vs岩手】

2019年10月20日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

2019明治安田生命J3リーグ 第27節
Y.S.C.C.横浜 3―0 いわてグルージャ盛岡
2019年10月20日(日) ニッパツ三ツ沢球技場 入場者数:960人

[得点]
35′ YS横浜 進昂平
73′ YS横浜 進昂平
86′ YS横浜 吉田明生

▼集中力の高いゲーム

まさに「集中力の高いゲーム」という言葉がふさわしい。大きなミスはなく、自らピンチを招くことはなかった。

河野と大泉の両SBは上がり、アンカーの土館がやや下がりビルドアップ。4-4-2から3-5-2へと変化したYSは、両サイドから縦へ縦へと攻め続ける。岩手の中盤と最終ラインの間をトップ下の奥田が左右へ自由に動き、いくつものチャンスを作った。守備になれば両SBが戻り4-4-2の形へ。しっかりとブロックを作りながら、時にはオフサイドの罠に陥れた。

試合後、ファン、サポーターは笑顔で三ツ沢の前にいた。そして選手たちのホーム恒例のお見送りで、全員笑顔で締めくくった。YSは高い集中力で攻め3得点を手にし、高い集中力で守りクリーンシートを手に入れた。

▼簡単なように魅せてくれた選手たちのすごさ

シュタルフ悠紀リヒャルト 監督

立ち上がりから気持ちのこもったプレーができて、集中力の高いゲームができたのがよかったと思います。前半はほぼ完璧にプラン通りに進行できましたが、もう少しうまくこじ開けられる部分であったりフィニッシュの質を上げる部分だったりと改善点はいくらでもありますが選手たちを褒めたいと思いますし、高いパフォーマンスを出してくれたのがこういう結果につながったと思います。相手の守備も硬くてカウンターも強くて簡単なゲームではありませんでしたが、結果的に3-0で勝って一見簡単なように魅せたというところが選手たちのすごかったところだと思いますし、本当に頑張ってくれて最高にうれしいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック