【サッカー人気3位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

横浜本牧フットボールマニアックス

田場「数字にこだわって、結果にこだわって」シュタルフ監督「もう1回引き締めて、ここで満足せずに」目指すは3連勝、F東23戦に向けて【J3第31節・vsF東23】

2019年11月14日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

▼NEXT MATCH
2019明治安田生命J3リーグ 第31節
FC東京U-23 ― Y.S.C.C.横浜
2019年11月17日(日)14:00 味の素フィールド西が丘

前節、YSはJ3・10勝目を達成。それは歴史を塗り替えた瞬間だった。ここからは己との戦い。さらなる記録更新が目の前にある。

F東23は現在17位、15位のYSよりも下の順位にいる。だがF東23には、原大智がいる。現在J3得点ランキング1位の原はここ5試合連続ゴール、6得点と量産をしている。さらにはFWとして出場した時もあれば、MFとして出場しゴールを奪っている。この17得点の原を抑えたい。2試合続いた逆転劇は劇的だった。だが、失点0で逃げ切ることも気持ちがいい。YSには10月20日の第27節でリーチがかかった新記録、6回目のクリーンシートが残っている。

そして、攻撃陣は17得点の原に追いつきたい。13得点の浅川と12得点の進の得点王への道が見えている。YS初の得点王、その記録もまだ残っている。また今季、YSは3連勝ができていない。2試合連続の逆転勝利をした今、J3が残り4試合となった今、このチャンスを生かしたいところである。

いろんな記録に挑むことができる重要な一戦、それが西が丘でのFC東京U-23戦である。

 

▼自分たちのサッカーを押しつける

シュタルフ悠紀リヒャルト 監督

シュタルフ 東京は誰がどこにいくがわからない、誰がどのポジションで出るかによって特徴が変わる印象です。システムは4-3-1-2もありますが4-4-2で統一されていてシンプルなサッカーをしていますが、得点ランキング1位の原(大智)選手が前で出たり右で出てたりしていますし、他の選手もどこで出るかのサプライズが当日になってみないとわからない、対策がしづらい相手ではありますのでそういう意味でびっくり箱みたいなチームです。

ポイントになってくるのは、自分たちのサッカーを押しつけることだと思います。アウェーですけども相手に付き合うのではなく、僕らが支配をして僕らのサッカーに付き合わせるというスタンスで戦えば3連勝につながると思います。もう残り4試合ですので、3連勝する機会もなかなかありません。10勝はできましたけども、まだ3連勝ができていないので、3連勝、4連勝とこの勢いのまま行けるように。重要なゲームですので浮かれることなく最善の準備をして、10勝で満足せずにここでもう1個乗せていきたいと思います。

――2試合連続で逆転勝利をしました。それができたのは、必要以上に失点をしなかったこともあると思います。

シュタルフ 自分たちのやりたいことを継続する、ブレずに信じて自分たちの特徴を生かせば相手よりも1点多く取れる、というメンタリティーが強くなってきているから結果的に2回の逆転勝利につながっていると思います。この2回の逆転劇が選手のメンタリティーにもたらす効果は計り知れないものであって、今季1回も逆転勝利ができなかったのがここに来て2回連続で出せたことは彼らの自信になると思います。その自信を持って過信せずに、西が丘に乗り込んでいい試合をしたいと思います。

ただ問題としては、2試合共に先に失点をしてしまっているところです。本当に苦しいギリギリで競り勝っての逆転でしたし、毎回先制されていると難しい。ドイツには『安い失点』という言葉がありますが、その安い失点を与えすぎていますので、残りの4試合でもう一度見直してクリーンシートの試合を1試合でも多くしないとダメだと思います。僕らは失点数が不名誉なことにリーグ最多です。その部分を僕がもう少しコントロールできていれば攻撃力はありますのでもうちょっと上の順位にいたと思いますが、これまで継続してきたことを結果で表したいと思います。

――10勝の半分、5回クリーンシートでの勝利をしています。またここでその力を魅せたいところだと思います。 

シュタルフ クリーンシートはあと1試合できたら、クラブ記録(※)になります。その記録もこの4試合で達成したいです。獲られないのがベストですけども、獲られたら獲り返して相手よりも1点多く決めて僕ららしく、ということを話しています。みんなで守って効果的に攻めることが今年のYSですので、そのカラーを大事に最後まで貫いていきたいと思います。また記録としては、(浅川)隼人と進(昂平)には得点王のチャンスがあります。奥田(晃也)を含めて今年の攻撃の象徴である彼らに、YSから初の得点王になってほしいです。

最後まで突っ走って4試合終わった時にいいシーズンだったと言えるように、みんなでもう1回引き締めてここで満足せずに力を出していいゲームをしたいと思います。

(※2015年、2016年に5回)

 

▼数字にこだわって、結果にこだわって

田場ディエゴ

田場 前期の対戦の時はまだ在籍していなかったのでイメージはありませんが、特に対戦相手を気にしないタイプです。途中出場が多いですが、短い時間でも結果を出せるように。前節アシストはしましたが、デビュー戦以来得点できていないので数字にこだわって、結果にこだわって勝ちたいと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ