サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

横浜本牧フットボールマニアックス

中野「今日もしかしたらあるかなと」菅原「自分らしさが出せた」【F2第11節・vs広島】[フットサル]

2019年11月17日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第11節
Y.S.C.C.横浜 7―1 広島エフ・ドゥ
2019年11月17日(日) 横浜市平沼記念体育館 観客数 329人

[得点]
10’15” YS横浜 中野和也
11’23” YS横浜 川崎柊音
12’15” YS横浜 オウンゴール
21’01” YS横浜 ミン チー
27’47” YS横浜 菅原健太
33’11” 広島 冨廣洋平
33’39” YS横浜 高橋健
38’02” YS横浜 タイ フーイ

注目はチーとフーイに集まった。そして彼らはしっかりと結果を出した。だが新加入は彼らだけじゃない、菅原健太も結果を出した。その新しい戦力を、ミスターY.S.C.C.・中野和也はどう見たのか。チームに勢いをつけた先制点の中野と、デビュー戦をゴールで飾った菅原が2位以上を確定させた広島戦を語る。

 

▼今日もしかしたらあるかなと

中野和也

中野 かなりケアしていて、入りからしっかり出していこうと集中してやっていたので、すぐ先制点が獲れて次も獲れて次も獲れたので、そこに成長を感じました。『絶っ対昇格!!と』いうことであと3試合ですので、1位で無敗で残り全部勝っていきたいのでそのためにも1戦1戦やっていくだけだと思います。

――ご自身の先制点がチームに勢いをつけたと思います。あの場面はいかがでした?

中野 獲れそうな時間と言いますか、獲れそうな感じがしていたところで獲れたので、そこから流れができてよかったなと思います。前回点を獲ったのもアウェーでの広島戦でしたので、今日もしかしたらあるかなと思ったりもしたところで獲って大事な先制点でしたので個人的にもうれしかったです。

――チーとフーイが入ったことで、試合中何か違いはありましたか?

中野 逆に違いをあまり感じないといいますか、自然にそこにいるという感じでチームメイトの一人として感じていました。でもプレー面ではすごい、違いがある、頼りになる二人です。もう一人の新加入の(菅原)健太もしっかり点を獲って結果を出したので、強力なメンバーが入ったと実感しました。

 

▼自分らしさが出せた

菅原健太

菅原 アップの時は緊張していましたけども、ピッチに入って反転してシュートを撃ってからは試合に入れたと言いますか、自分らしさが出せたと思います。

――ファー詰めが得意と言っていましたが、本当にファー詰めで決めました。今日の出来は何点でしょうか?

菅原 本当にファー詰めでしたね。フーイが持った瞬間に、スピードがあって縦に突破できるとわかっていたので信じて走り込みました。点は決めれましたけどもそれ以外のプレーが、シュートまで行けるところがなかったので70点ぐらいです。

――実際にFリーグのピッチを経験して、通用したところや通用しなかったところなどはいかがですか?

菅原 ピヴォで張る時は通用しましたが、自分から落としだけじゃなくて自分から仕掛けていければと思います。あとは、裏抜きに対してマークが外れたりもしましたので、ディフェンスはまだまだついていけていないと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック