サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

横浜本牧フットボールマニアックス

『決める自信もあった』静岡凱旋の横浜の守護神・鈴木陽太【F2第12節・vs浜松】[フットサル]

2019年11月30日 焼津
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第12節
アグレミーナ浜松 3―5 Y.S.C.C.横浜
2019年11月30日(土)  焼津シーガルドーム 観客数 617人

[得点]
10’44” YS横浜 伊藤玄
19’30” 浜松 須藤慎一
29’56” YS横浜 滝沢拓也
33’33” YS横浜 橋本裕貴
34’47” YS横浜 稲葉洸太郎
35’42” 浜松 山元優典
36’03” 浜松 鷲北一輝
37’21” YS横浜 鈴木陽太 (第2PK)

▼静岡凱旋の横浜の守護神

試合前、「どれが鈴木陽太なの?」ととある浜松サポーターから質問をされる。「黄色いユニフォームの選手ですよ」と返答をした。

パワープレーから2失点、わずか20秒で流れが浜松に傾きかけた。だがその1分後、歓声に沸く焼津シーガルドームは静かになった。第2PKを決めたのは、黄色いユニフォームのGK。横浜の守護神・鈴木陽太は静岡出身である。

▼蹴るようにと言われていた

鈴木陽太

――第2PKは『オレが決める』という感じで、誰にも触らせずに蹴りに行きましたね。

(残り 307文字/全文: 764文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック