【サッカー人気4位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

横浜本牧フットボールマニアックス

何度でも立ち上がる生き様。大敗後の翌日【練習フォトレポート】

2020年3月26日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

本牧は暖かい春の陽気を感じる。非公開だった横浜F・マリノスとのTRMで大敗をした翌日、彼らはYC&ACで汗を流していた。

非公開だったため結果しかわからない。だがその結果からは、多くのことがうまくいかなかったとうかがえる。そして13-1というスコアからは、精神的なダメージの大きさも懸念される。

 

それでも彼らは戦い続ける。

「今までやってきたことが間違っていたんじゃないのかと考えるのだけはしてはいけないこと」。

シュタルフ監督はそう話す。足りなかったものは何かと自問自答しながら、真剣さが増していた。

(残り 235文字/全文: 516文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ