【サッカー人気3位】17分の興梠とGK梶川が交錯したシーン…

横浜本牧フットボールマニアックス

ハイタッチができる日を求めて。Y.S.C.C.の感染予防対策【コラム】

2020年5月27日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

体温は35.5度、思ったより低い。もちろんマスクもしっかり装着。黒いマスクをチョイスしたことを少し後悔した。炎天下の中、練習場に到着。選手たちの姿を見ると「おはようございます!」と大きな声が出てしまった。それはマスクのせいで聞こえにくいからではなく、少し離れているからでもない。彼らの笑顔を見ると、自然と大きな声が出ていた。

5月27日、Y.S.C.C.は練習を再開。「楽しいですよね。サッカーは緑の上でやるものなので」というシュタルフ監督は、少し離れた距離を保っていた。

「運営や強化も含めてミーティングを繰り返して、アメフトやブンデスリーガの対策を参考にして注意しています」。

そう話すシュタルフ監督の口元には、お手製のマスクが装着されていた。Y.S.C.C.の感染予防対策は、練習場にやってくる段階から始まっている。

(残り 1269文字/全文: 1655文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック