【サッカー人気1位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

横浜本牧フットボールマニアックス

宗近慧「続けて0で終えられるように」誰と組んでも変わらない強固な壁を求めて【J3第2節・vs富山】

2020年7月3日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「(船橋)勇真と(植村)友哉ががんばってくれた」。

頼りになる副キャプテンかつ笑顔が似合うディフェンスのリーダーは、若き2人を称えた。

開幕戦、宗近慧は動じなかった。両脇にいた花房稔と池ヶ谷颯斗が負傷。代わって入った2人と共にディフェンスラインを再構築し、無失点に抑えた。

今季、J3は過密日程である。またまさかの事態が起こる可能性はある。宗近はその日に備えて、誰と組んでも変わらない強固な壁を作り続けている。

▼NEXT MATCH

2020明治安田生命J3リーグ 第2節
Y.S.C.C.横浜 ― カターレ富山
2020年7月5日(日)17:00 ニッパツ三ツ沢球技場

Y.S.C.C.横浜
7位:0勝1分0敗 勝点:1 得失:0(0-0)

カターレ富山
7位:0勝1分0敗 勝点:1 得失:0(1-1)

▼得点を意識して、もちろん失点なしで

#3 宗近慧

宗近 富山は強いイメージがあります。個人個人がうまくて、チーム力も高いイメージです。1対1で負けないということは前提でやっていますが、それでもうまくいかないこともありますので、チームとしてどう機能させて戦っていくかが重要だと思います。

(残り 489文字/全文: 990文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック