【サッカー人気3位】【山雅探報】2021新春スペシャル:元…

横浜本牧フットボールマニアックス

宗近、帰りて。宮尾と船橋が遂行したミッションとは?【J3第25節・vs岐阜】

2020年11月4日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

- RESULT -

2020明治安田生命J3リーグ 第25節
Y.S.C.C.横浜 ―FC岐阜
2020年11月4日(水)19:00
ニッパツ三ツ沢球技場:467人

[得点]
11′ YS 宮本拓弥
68′ 岐阜 前田遼一

▼華麗な宮尾と強靭な船橋

「彼は言うまでもなく我々のディフェンスリーダーで、何年もずっと出続けて守備陣を支えている要」

そう話すシュタルフ監督の表情には、うれしさというものがある。宗近慧、8月30日以来の帰還。背番号3が、どっしりと最終ラインに立っている。

そこから、花房はここ、佐藤はここ、柳はここと配置をチェック。とここで、その配置チェックに頭を悩ませる人物がいた。YSのフォーメーションは可変式が通例。誰かが動いて3バック、4バックというケースはままある。でも、この岐阜戦は少し違う。今日のフォーメーションは4-1-2-2プラス1、なのかもしれない。そのプラス1は、宮尾孝一である。彼の顔は、常に左右に動いていた。

(残り 2328文字/全文: 2761文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック