【サッカー人気3位】【直前レポート|第29節・川崎F戦】「…

横浜本牧フットボールマニアックス

「どう9月に乗り込むか。手を抜かずに」心身共に大きくなった田場ディエゴの夏【コラム】

2021年7月30日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「長かったので、お休みが。やっと入れたかって超うれしかったです」

田場ディエゴがいつもの笑顔で話す。本当に長かった。彼の今季初出場は2021年7月11日の長野戦、J3第15節だった。

「けっこう沈んでいましたけどね、試合に出るまでは。きつかったです」

そのきつかった日々の始まりは、昨年の12月。カメラ越しに、彼がゆっくりと倒れていく姿を見た。2020年のJ3最終節を控えた数日前、彼の友である安彦考真のラストマッチ直前に離脱。その負の連鎖は、年を越えても続いていた。

(残り 675文字/全文: 934文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ