横浜本牧フットボールマニアックス

駆け上がっていく6月。その狭間にあった天皇杯・鹿島戦【2021年の足跡】

(PHOTO,TEXT・佐藤功)

2021年の足跡

201年7月 ← 2021年6月 ← 2021年5月

▼2021年6月1日

アオチョンのY.S.C.C.初日は午前は練習、午後は記者会見と忙しいものだった。

【無料】アオチョン「Jリーグでプレーすることは子供の頃からの夢」夢を叶えた香港からの新たな仲間【新加入記者会見】

▼2021年6月2日

年始の初蹴りは中止になったが、横浜開港記念サッカー大会は開催。選手たちは子どもたちをサッカーを楽しむ。もちろんシュタルフ監督も、子どもたちとプレーした。

だが、若き監督は選手と間違えられた。それが今の立ち位置。彼らは世間とも戦っている。

尾身と熊川……そういう関係?[1/2]【第15回 Y.S.C.C.杯 横浜開港記念サッカー大会】

シュタルフ監督「どこが相手でも自分たちのベストを出すことがまず条件」連勝を目指す彼らへの後押しとは?【J3第10節・vs鳥取】

▼2021年6月5日

(残り 1985文字/全文: 2383文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ